庭そうじ02 チッパー導入

300坪の庭。
生えていた篠竹はすべて切り、
頭の笹部分をノコギリで切り幹の部分を
今後の家の修復や装飾、垣根などに使うために切りそろえる。

kozaki_225_01

3年前に切った竹が腐っておらずに土の上に横たわってる。

これはつぶすのも大変でどうしようか悩んだんですが、
結局、2万円の格安電動チッパーを手に入れ、チップにして
庭のグランドカバーした。

kozaki_225_04

処理能力は高くないが、面白いように竹がチップになっていく

このチップが使えるストーブがあるそうで、今後手に入れる予定。
このチッパー、冬になったら燃料用にも活躍しそう。

kozaki_225_03

半日の作業で10mぐらいの道が出来ました。

庭の竹を全部チップにするのには2日はかかりそう。

この日は、知り合いの建築家の方達に、家の状態を見ていただいた。

母屋は若干傾き気味でジャッキアップして修正する必要がありそう。
それと極端に壁が無いので、要所に壁をつくって補強もできればした方がいいとのこと。
170年も経った家なので、手を入れないとならないのは当然かもしれない。

2010.02.25?? 神澤則生

3年前に切った竹が腐っておらずに

土の上に横たわってる。

庭そうじ01 ひたすら篠竹切り

家の敷地は400坪。

庭は指の太さぐらいある篠竹がほぼ全面を埋め尽くしています。

この庭をパーマカルチャーや自然農、自然農法、バイオダイナミック農法などミックスして

旬の野菜が生える「食べられる庭」にします。

まずは、ひたすら草刈りです。

2010.02.04?   神澤則生

takeda_20100202_02

takeda_20100202_03

このページの先頭へ