神崎に古民家を借りました。

発酵をテーマにまちづくりを進めている千葉・神崎町に
トージバが古民家を借りました。

これまで、寺田本家さんやこうざき自然塾のみなさまに

大変お世話になり、たくさんのご縁をいただき、
今回、家を借りることができました。

今後、ここをトージバの農村の基地にして、「発酵の里こうざき」の

まちづくりに関わり、スタッフ自ら半農半Xを実践しながら
都市と農村の往還のモデルづくりを進めていきます。

takeda001

古民家は築170年のとても大きな農家の家です。

部分的には修復が必要ですが、まだまだ何十年も住めそうなとても立派な家です。

takeda002

敷地が400坪あり、庭には壊れかけた蔵と納屋、篠竹が生い茂った庭とやはり中に篠竹が生えてしまったビニールハウスがあります。

ここをきれいにして、ひとまず寝泊まりできる場をつくって、

庭は旬の野菜が実のる「食べられる庭」をつくります。

トージバ 神澤則生

このページの先頭へ