よくある質問

大豆の分配量(収穫量)はどのくらいですか?

その年やテイケイ畑により様々なので、ゼロから2〜3キロです。

豊作の年は、たくさんもらえますし、不作の時は最悪ゼロの場合もありました。収穫量の保証はありません。農業は自然相手なので、いいときもあれば、まったく採れないということも起こり得ます。

これまでは、「猿に食べられた」「原因不明で実がつかなかった。。」など。。。そんなリスクも農家さんと参加される種大豆オーナーのみなさんと共有していくことになります。

農作業未経験ですが参加出来ますか?

もちろん大丈夫です。経験豊富なスタッフや農家さんがいますので、わからないことがあれば気軽に声をかけてください。参加者の多くは農作業初心者です。

農作業はおよそ半日です。午前中に集合してから農作業を行い、昼までに終了。その後、昼ご飯を食べて交流し、三々五々解散。というのが千葉の参加テイケイ畑「みやもと山」でのこれまでのパターンです。農作業も疲れずにつらくならない程度しか行いません。もちろん例外はありますが。。

農作業への参加は有料でしょうか?

種大豆オーナーの方は、参加費は「無料」です。
種大豆オーナーでない方は、1回500円〜の参加費を戴いてます。金額については各テイケイ畑が決めているので一律ではありません。

種大豆オーナーになったら、農作業に行かないといけないのですか?

できれば畑に来ていただいて種まき〜収穫、味噌仕込みまで、参加してもらえるのが一番ですが、もちろん農作業に参加しなくても大丈夫です。種大豆オーナーになることで、農家さんを支え、遊休耕地を畑に換えていくことができるのです。

テイケイ畑によっては農作業への参加が義務付けられている場合があります。

ひとりでの参加を考えていますが大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。年齢や性別、国籍などに関係なく、どなたでも参加可能です。
お子様連れの家族や、団塊世代のおじさん、OL、サラリーマンなど、職業や立場、価値観などが様々人たちが集まることで生まれる「つながり」が楽しみでもあります。
多くの人が、ひとりでの参加です。

種大豆オーナーに申し込み、振り込みましたが、作業に参加出来なくなったので、返金していただきたいのですが。。。

会費振り込み後の解約返金はいたしかねます。

車で畑に行くことは可能ですか?

はい、可能です。ただし、環境に配慮するために、電車での参加をお勧めいたします。
畑によっては駐車場が無い畑もありますので、事前に確認してください。

車でお越しの方には、場合によっては、畑の移動などの参加者の乗り合いをお願いする場合があります。

なんで大豆なんですか?

よく聞かれます(笑)

もともと日本の農村にある資源「畑=耕作放棄地」で何か作れないか。というところから始まったんですが、最初はお米を育ててみましたが、お米八十八の手が掛かるといわれるほど手が掛かる作物で、とても通いではやりきれず、違う穀物を育てようということで、大豆の種を蒔いてみました。
そうしたらあまり手を掛けずにうまく育ったんです。これなら月に一度程度の通いでも管理出来そうだ、ということで大豆に取り組むことにしました。

育てやすさ以外にも大豆は重要さは感じていました。
味噌、醤油、納豆、豆腐と毎日お世話になっているにも関わらず、自給率が5%と極端に低い。
なんでなのか調べてみると、関税が無いことや油として、また穀物飼料としての利用が多く、
輸入せざるを得ない状況に追い込まれている状況が見えて来ます。
良い悪いではなく、現実として大豆を通じて見えてくる世界がありました。

そこで、食のグローバル化にこぶしを挙げるというのではなく、種を蒔くこと、自給していくことが、何より豊かで楽しいと考えました。種をまく畑はたくさんあります。蒔かぬ種は生えぬ。
とにかく一粒まいてみると見えてくるものがある、それが最も重要なのでは というのが大豆を播くゆえんです。

このページの先頭へ