テイケイ畑の紹介 (2011年度)

アーキファーム 難波田 あーきふぁーむ なんばた
埼玉県富士見市下南畑1695隣

アーキファーム 難波田 アーキファーム 難波田

農場の紹介

峯田建 + 恩田恵以 みねたけん おんだえい
峯田建 + 恩田恵以 難波田城趾公園の隣にある陸田の一角をお借りして、大豆畑を作る事にしました。地主は柳川東一さん。隣はアーキファームの水田です。
大豆は小糸在来を自然農法(不耕起、無農薬、無肥料)で育てます。稲はキヌヒカリや古代米を畑苗代から無農薬で育て、年始には手前味噌仕込みを行ないます。
田園風景の気持ちよい水田なので、日常からの気分転換に農作業は最適です。
作業予定:
6/05(日)麦刈り → 6/11へ変更です。
6/11(土)代かき 
6/12(日)田植え1、 18(土)田植え2
6/25(土)大豆種まき(雨天の場合延期)
7/17(日)草取り
7/31(日)草取り
8/14(日)草取り
8/27(土)草取り
9/10(土)草取り
9/25(日)草取り(9/24の可能性有) 
10/10(祝)稲刈1
畑の場所 埼玉県富士見市下南畑1695隣
アクセス 東武東上線 柳瀬川駅(又はみずほ台駅)より車で10分。電車の方は柳瀬川駅北口で待ち合わせます。車の場合は難波田城趾公園を目指してきて下さい。
畑の広さ 4畝(120坪)
蒔く品種 小糸在来
基本作業日 日曜日(土曜日)
種大豆オーナー
参加費
1口:5000円(6坪)
募集口数 6口

コーディネーター紹介

峯田建 + 恩田恵以 みねたけん おんだえい
峯田建 + 恩田恵以 建築設計事務所を営みながら、食住一体の自給型のライフスタイルを探求し、週末農で米と大豆を自給しています。
今年は、アーキファームの水田脇の大豆畑面積を増やし、オーナーを募る事にしました。大豆のほか稲作に興味ある方や自然農の作業に興味ある方を募集します。稲も大豆も石油に頼らず、江戸時代の農法で育て天日干しをして収穫します。小さい面積だから手元でできる無農薬・無肥料栽培。育てた作物本来の味と食料自給の可能性を体感してみませんか。
webサイト http://www.archifarm.jp
大豆レボblog

この畑の情報は2011年度のものです。

テイケイ畑の紹介一覧に戻る

このページの先頭へ