テイケイ畑の紹介 (2011年度)

SLOW BERRY FIELD すろーべりーふぃーるど
千葉県若葉区富田町1006隣

SLOW BERRY FIELD SLOW BERRY FIELD SLOW BERRY FIELD

農場の紹介

峯田建 みねたけん
峯田建 畑に自生している野イチゴにちなんで、SLOW BERRY FIELDと名付けられた畑です(ナマケモノ倶楽部の辻さん命名)。雑木林を背負った1反5畝の気持ちのよい畑で、1反に大豆を作付けします。不耕起・無農薬・無肥料・無石油使用を基本に、知恵の詰まった人力農具を用いて大豆の栽培を行います。千葉市内ということもあり、東京からもアクセスしやすい農場です。

畑では今、土壌改良用のライ麦が育っています。ライ麦が大豆畑を耕してくれているとイメージしてもらえると解り易いかもしれません。6月になると麦も色づき畑の風景が黄色くなります。
 さて、SBFでは6/19にライ麦を収穫し、6/26に大豆の種を蒔く予定です。その後は2週間に1回のペースで作業し、そして、秋口には枝豆つまみ食いとライ麦パン作り、11月末に収穫、12月に脱穀、年明けには味噌仕込みを行います。仕込日は、前年に仕込んだ味噌瓶を開ける日でもあり、自然農の大豆の味を実感できる日です。これが半世紀前には当たり前だった味と思うと、現在市販されているものや、身の周りのものがどれだけ遠回りして存在しているのかが垣間見えます。
 ともあれ、畑には「持ち込まない持ち出さない」を基本として、できるだけ余計な事はせずに、持続する農の姿を創っていきたいと思っています。

作業予定:
6/19(日)ライ麦収穫
6/26(日)大豆種まき
7/10(日)草取り、ライ麦脱穀
7/24(日)ライ麦脱穀、草取り、ジャガイモ収穫
8/07(日)草取り、ジャガイモ収穫
8/21(日)草取り→雨天延期28へ
8/28(日)草取り
9/11(日)草取り、大根種まき、ジャガイモ作付
10/02(日)草取り、コリアンダー種蒔
10/16(日)麦種まき、枝豆つまみ食い
10/31(日)16日の予備日
畑の場所 千葉県若葉区富田町1006隣
アクセス ■電車の場合:JR総武線都賀駅からモノレールで終点の千城台駅より循環バスおまご線「原田池」下車、歩800m。停留所まで車で迎えに行きます。人数によりますが、都賀駅でのピックアップも可能です。 
■車の場合:京葉道路貝塚ICより20分、東金道路高田ICより15分。初めての方は千城台駅ロータリーで待ち合わせます。
畑の広さ 4畝 (120坪)
蒔く品種 小糸在来
基本作業日 日曜日(土曜日)
種大豆オーナー
参加費
1口:5000円(6坪)
募集口数 20口

コーディネーター紹介

峯田建 みねたけん
峯田建 建築設計事務所を営みながら、食住一体の生活のあり方を探求しています。最近は農家さんの設計もしています。
2008年からこの畑を引き継ぎ、自給型のライフスタイルをさらに一歩踏み込んだ形で提案実践しているところです。我が家も週末農で米と大豆は完全自給できるようになりました。自然農の作業に興味ある方を募集します。
webサイト http://www.archifarm.jp
大豆レボblog

この畑の情報は2011年度のものです。

テイケイ畑の紹介一覧に戻る

このページの先頭へ