「種まき大作戦2011」盛況でした!

2011年6月19日 梅雨の晴れ間の中、盛大に「種まき大作戦2011」を行いました!

今年は東京から私が温泉ビューティ研究家の石井宏子さんと温泉クラスの講師をつ

とめる丸の内朝大学の東北復興プロジェクト「鳴豆プロジェクト」チームや読売新聞が

運営する人気WEBサイト「大手小町」の復興支援ツアーなど計50名以上、地元の

地大豆湯治@鳴子温泉郷チームや、畑の中にある多目的テラス「アマテラス」を

製作する宮城大学・平岡研究室チーム、昼食を担当してくれる山形の最上の元氣

研究所「農天氣チーム」など入れて総勢100名を越す種まき大作戦となりました。

皆さん、忙しい中を東北復興もかねた「農」と「温泉」でアース&チャージ!においでいただ

き本当にありがとうございました!ツアーの幹事を務めた方々もご苦労さまでしたー。

鳴子温泉郷には沿岸部の被災地から避難している方々が1000名ほど滞在しています。

そうした方々にもみんなと交流しながら大豆の種を蒔いて、土に触れ育ててゆくことで

気持ちが安らぐことを願い行っています。今回は女川から避難している小野寺さんが

参加してくれました。

20aほどある広い畑には、奥までタネマキビトが見事に散らばってます!

今回の種まき大作戦は、荒れた畑をオーナーの板垣さんや写真の吉田さんはじめ地大豆湯治

@鳴子温泉郷のメンバーが種を蒔くだけの段取りをしてくれたからこそ簡単にできたことです。

表だっては見えない、影ながらの仕事。本当にありがとうございます!

子供たちも、丁寧に大豆の種を植えています!うまく育つかな~?

風の道で生まれた、風治朗が畑にやってきた!

実はこのみやまさんの畑、古墳の中にあるのです。後ろの森が5世紀ごろの

前方後円墳。ここに宮城大・平岡研究室が多目的テラス「アマテラス」を製作するに

際して、元東北芸術工科大学教授で舞踏家の森繁哉さんがご家族でされている

南山座を率いて、「儀礼の舞」を舞ってくれることなりました。お子さん達の素朴な

ふるまいと森さんの様々な場面展開で豹変してゆくその舞に私たちはすっかり魅了

されました。舞の後、何か古墳の主に許しを得て、アマテラスがようやく製作できる

段階にたどりついたような気がしました。

宮城大・平岡研究室が模型をもって参加者に「アマテラス」のプラン説明をしてくれました。

製作予定地にあったオブジェなどをみんなで移動し、製作イメージをロープを張って表現しました。

枝豆カーニバルまでには完成させる予定です!楽しみです。

いよいよお待ちかね、最上の元氣研究所「農天氣チーム」が心をこめて作ってくれた

「もがみランチ」の登場です!

中心メンバーの箱山さんはじめ、皆さんいい人で、元気いっぱいの方々です!

今回の、特製「もがみランチ」は最上地方で自ら栽培するきのこやとれたての山菜がたっぷり!

素朴ながらも、心のこもった優しい田舎の味で、本当に美味しかったです。

おむすびは、はえぬき、古代米を使ったもの。みずとじゃがいもと塩くじらで作る「もんぎりみず汁」

は鯨肉の出しがきいて、絶品でした!来年もランチお願いしますねー!今年は80食完食です。 

こうして、地大豆湯治@鳴子温泉郷は県境を無視した草の根交流も大事にしています。

最上の元氣研究所さん、今後ともつながってゆきましょう!

「種まき大作戦2011」に参加したタネマキビトの集合写真です!

ここで問題です!

今年、この100名の方々の中から、一体何名の方が草取りにきてくれるでしょうか?

昨年は、地大豆湯治@鳴子温泉郷メンバー以外は3名でした(泣)

自分達が植えた大豆ちゃんが雑草に負けないように、草取りにきてくださいねー!

オーナーでない方のスポット参加も大歓迎です。枝豆カーニバルまでの日程は下記です。

7/10 草取り①
7/31 草取り②
8/7  草取り③
8/21 草取り④
9/4  草取り⑤
9/11 草取り⑥
9/25 枝豆カーニバル♪

よろしくお願いしまーす!

この記事のへのコメント&トラックバック

コメントは受け付けていません

このページの先頭へ