作業の流れ

大豆レボリューションの農作業は6月の種まきから12月の収穫まで約半年間で、およそ6〜7回の作業を行います。農家さんの指導のもと、初心者でも簡単にできる作業です。

6月 種まき
地大豆の種まきは、ちょっと遅め夏至前後です。一粒万倍を願い種を播こう。ポッと芽が出たときはちょっとウレシイ。
7〜9月 草取り
大豆の成長と共に他の草くんたちも元氣に育ちます。この背比べに負けると収穫量が減っちゃいます。夏の草取りは終わった後のビールのためにやる!
10月 枝豆収穫
収穫前にちょっとつまみ食い。地大豆は枝豆が最高にウマイんです。
12月 収穫
いよいよ収穫。お天道様、大地に、そして農家さんに感謝!! 収穫は大勢でお祭りにしちゃいましょう!
1月 脱穀・選別
脱穀は天日でカラカラに干した大豆をサヤから出す作業です。棒で叩いたり、足踏み脱穀機をつかったり大型の機械を使ったりします。脱穀後に選別してクズ大豆を取り除きます。
2月 手前味噌仕込み会
仕込んだ味噌はゆっくりと熟成され、出来上がるのはなんと1年後!!
一度仕込んだらやめられない「手前味噌」。 みんなで仕込みましょう!!

1シーズン 5〜7回の農作業+味噌仕込み(オプション)

メッセージ

コーディネーターの役割

種大豆オーナーの募集

このページの先頭へ