ロケットストーブ快適です

寒さが本格的になってきました。
10月に、と〜じ舎にワークショップでつくったロケットストーブ、とっても快適に使っています。

使うほどに、すばらしいシステムだと感心しています。
このロケットストーブは20年ほど前アメリカで開発されたそうで、日本には数年前に本格的に広めようという組織「ロケットストーブ普及協会」が出来、各地でワークショップなどを通じて製作しています。今回のワークショップは、ロケットストーブ普及協会の方にお越しいただき製作しました。

 

 

ロケットストーブの何がすごいか。。いくつかあるのですが、
まず、竹や杉が薪として使えるというところです。
一般的な薪ストーブを使っている方からすると、竹や杉などを燃やせるというのがあり得ないそうです。
竹は燃焼温度が高いので窯が傷むし、杉はススが多いので煙突がすぐ詰まってしまうそうです。 

今のところ、たき付けに枯れた竹、火が付いたら杉を薪にしているのですが、大きな問題は無いですね
と〜じ舎のある千葉の北総は森があまりないので、薪に向く広葉樹が手に入りにくいのです。こなあたりは竹や杉はいくらでもあるので、地域にある資源を燃料にできるという意味ではロケットストーブ以外に無いかもしれないです。 

 

実はこの薪について大きな問題が発覚するのですが。。詳しくはこの後の記事に書きます。 

それと、何と言っても、蓄熱効果です。煙突を通る熱がベンチの下と背もたれを暖めるのですが、土の蓄熱効果も絶大で、おしり背中がじんわりと温まり、最高に心地いいです!
お酒のみながら座っていると、いつのまにかウトウトと。。うたた寝してます。。 

あとは、ドラム缶の上で、色々な温度環境をつくれるので、水や煮物を温めたり、
ハーブなどの乾燥したり、納豆や甘酒、こうじやパン生地の発酵など。。あと洗濯物を乾かしたり 笑
アイデア次第で便利に使えます。
 
あえて、欠点を挙げると、設置環境が限定される所でしょうか
裸の炎や火の粉が上がっても問題の無い環境でないと難しいです。
うちは土間に作りましたが、やはり古民家のような隙間が程よくあって天井の高い家でないと
このタイプのロケットストーブは設置できないでしょう。うまく燃えないときは煙も部屋の中に充満しますし。 

いいことずくめのロケットストーブ、是非広めていきたいですね〜
ロケットストーブ普及協会の方達のスタンスも素晴らしいです。
ノウハウを囲う込むことなく公開してシェアする。
これからは、こういった、みんなが「いいね!」と思う仕組みやノウハウをシェアして、
製作もみんなで力を合わせてやる、そんな現代の「結い」を実践していきましょう。 

トージバでは、今後このストーブを広めるべく、
ロケットストーブづくりワークショップを開催していきます。
来年1月に神崎から30分、山武市で行います。詳細は改めてお知らせします。開催予定です。
トージバ 神澤則生

 

 

 

 

面白いように取れる「竹製柿取り機」

今年は柿が豊作なようです。
たわわに実をつけている柿の木があちこちで見られます。

しかし、お年寄りには取るのが難しく、

実を取らずにそのまま放置されている木も少なくないです。

そこで、竹で柿取り機をつくってみました。

手頃な太さの竹の先端をノコギリでV字に切って

節の所を縄で縛り、その節までV字の頂点から半分に割を入れます。
そして、その割れ目に割り箸より少し細い竹を挟んで広げれば完成です。

柿の実がついている枝の下側に差し込んで、

グイッとひねるだけで簡単に取れます。
しかも、いい具合に枝が割れ目に挟まるので、
柿が落下することもありません。

この柿取り機で、隣のばあちゃんの家にある柿をとってあげました。

一本の木に300個!ぐらいついていて、さすがに大変。
1日100個ぐらいで飽きちゃいます。全部取るのに3日掛かりました。

さて、分け前の柿をしこたまいただいたので、

柿酢でも作ってみようと思います。

トージバ

神澤則生
このページの先頭へ