空間づくりについて、伝えて行きたいこと


「と〜じ舎」を通じて、伝えて行きたいこと。

空間づくりについては、こんなこと考えながら作り込んでいます。

・捨てられているモノや使われていないモノの有効利用する —拾ったり、もらったりゴミにも宝が眠ってます

・古いモノを大切に使う —昔のモノには今は作れない技と質があります
・できるだけモノは買わない —買うのは簡単。買う場合は、よくよく考えて永く使えるモノを買う
・作れるモノは手作りする —工夫と創造力を駆使して楽しみながら作っちゃう

土間を入った正面には、近所でいただいた簾戸と昔この家の門に使われていた門扉を横にはめ込む。縦に使われていたモノを横に使うという発想。

寺田本家からいただた、昔使われていたお酒の木製通い箱に足を付けた椅子。角を削って雰囲気出してます。

勝手口の戸がボロボロだったので、ガラスの引き戸に廃材をコラージュ。取っては、門扉のかんぬきを利用。

照明も手作りしてます。上は真竹に細い蛍光灯を仕込みました。下は古い「じょうご」を逆さまに使ったカウンターLED照明。

台所も徐々に使いやすくなってきました。

夜は毎日飲み屋になってま〜す。笑

この後は、三和土→ロケットストーブ製作→塗り壁→作業を行います。この作業は手があると助かるので、是非、興味のある方は参加してください!詳しくは、改めて案内しますので。

トージバ 神澤則生

「と〜じ舎」台所改装中

千葉・神崎、古民家事務所「と〜じ舎」改装中です。

今は台所を大がかりな改装をしています。

壁は土壁にします。

壁を塗るのは「塗り壁隊」。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/atelier-hen/

作業には誰でも参加できます。

6月に予定しています。
塗り壁に興味のある方はコテ持って集まれ!

シンク、ガス台、すべて取り外し、一からやり直し。

廃材を利用して床づくり いたるところがパッチワーク

塗り壁隊の面々がロケハンに来ました。

下地の竹木舞をつくりました。

竹木舞に下地の荒木田を塗ったところ

天井をはがしたら立派な梁が登場!

農家バー近日オープン予定  ただいま準備中。

興味有る方は是非手伝いに来てください!
詳細はお問い合せください。

トージバ かんざわ

このページの先頭へ