ココカラ村プロジェクト始まります。

トージバ ココカラ村プロジェクト

トージバの新たな村づくりプロジェクト

「ココカラ村プロジェクト」がはじまります。
2011年3月11日。この日に起こった震災、そして原発事故…。
この日を境に見えてきたコト。そしてボクたちのすべきコト。いまが動く時です。
トージバがこれまで進めてきた都市と農村のつながりから、もう一歩踏み出そう。
集中から分散へ。都市から散り農村からはじめましょう。
農村は豊な資源=宝であふれています。
その宝をあらためて、みんなで見つめ直し
新しい農村を、みんなで作っていきましょう。

ココロとカラダ。 ココカラはじめる村づくり。

日々の生活の実践から培われるノウハウと価値観を
共有していくネットワークを全国に作っていきます。
まずは、千葉、和歌山、宮崎の3カ所からトージバスタッフ自らが
地に足を付けた生活を実践し持続可能な村づくりを始めます。
「ココロ」と「カラダ」を通じた学び。
そして「いまココカラはじまる」という想いを込めて、
「ココカラ・プロジェクト」が始まります。

◎開村ワークショップやります!

各地のココカラ村プロジェクトでワークショップを行います。
詳しい案内は近日中に案内しますので、詳細はwebでチェック!

猫とニワトリがやって来た

神崎で腰を据えて百姓しよと決めた途端、家族が増えました。
猫やニワトリがやって来ました。
地に足付いた生活は、生き物とも暮らす喜びも享受できるんですね。

近所の家で3匹生まれた猫の1匹がうちに来ることになった。

おとなしくて、人なつっこいオスのカワイイ子猫です。
名前はトラ。たまにねずみが悪さするので、猫には活躍してもらわないと。

隣の方から、近所で養鶏場をやめるので、ニワトリいりませんか?という情報があり、

ニワトリは飼ったことがないけど、ひとまず5羽譲り受けた。

大きな養鶏場にいたニワトリなので、ストレスも多かったはず。

うちに来て庭を自由に走り回ってます。ニワトリもまた人なっこくてカワイイです。

ちょうど遊びに来ていた学生とさのっちが竹を使ってドーム型の鶏舎を作ってくれました。

どんなのがニワトリが快適なのか様子を見ながら進化させていこうと思って居ます。

トージバ 神澤則生

このページの先頭へ